title-juchu

公共工事履行保証証券(履行ボンド)

受注者が保証証券記載の契約について、その契約の履行をしない場合において発注者の被る損害を保証します。

公共工事における履行保証体系の概要

公共工事では発注者ごとの基準に従い(1)金銭的保証または(2)役務的保証が求められます。

受注者は(1)金銭的保証が求められた場合には公共工事履行保証証券を含めた5つの選択肢から1つを手配し(2)役務的保証が求められた場合には公共工事履行保証証券を手配したうえで発注者に提出します。なお、求められる保証の内容につきましては、個々の工事ごとに指名通知書、入札公告等に明示されますのでご確認ください。

引受限度額の設定から公共工事履行保証証券の証券発行までの流れ

入札参加への準備

入札参加前に引受限度額を確保しましょう。

  1. 引受限度額の設定をご希望の場合には、次の書類をご用意の上、代理店までお申込ください。

    <ご提出いただく書類>
    (1)直近の「経営事項審査結果通知書」(写)
    (2)工事経歴書
    (3)財務諸表直近3期分

    ※上記の他、設定する引受限度額の金額によっては勘定科目内訳明細書3期分のご提出をお願いする場合があります。

  2. 引受保険会社にて審査を行った上で、引受限度額をご案内いたします。
  3. 引受限度額を事前に設定しておけば、履行ボンドのお申込みごとの審査は不要となります。



安心して入札へご参加ください。

落札から請負契約の締結まで

落札おめでとうございます。



すみやかに公共工事履行保証証券の証券発行をお申込みください。

  1. 落札後すみやかに、代理店に次の点をご連絡いただき、公共工事履行保証証券をお申込みください。

    (1)発注者名
    (2)落札した工事名、工事期間、工事内容
    (3)請負契約締結予定日
    (4)請負金額
    (5)保証金額(請負金額に対して何%相当額の保証が必要か?[保証割合])
    (6)発注者より、瑕疵担保保証特約を付帯するようにと
    指示があったか?(必要な場合はその金額と付保期間)

  2. 追って証券発行の時期および受け渡し方法につきご案内いたします。

    ※財務内容、お取り引状況等によってはお引き受けできない場合があります。



請負契約締結時に公共工事履行保証証券を発注者へご提出ください。

このホームページは、概要を説明したものです。ご契約にあたっては必ず公共工事履行ボンドパンフレットおよび「重要事項のご説明」をあわせてご覧ください。また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意しておりますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社にお問合わせください。

2020年7月3日 B19-101285